上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ホームページの宣伝、アクセスアップの無料検索エンジン「サイト登録.com」 ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ王ランキングに参加中!

人気ブログランキングへ

シューマッハ氏の容体を報じた独誌、620万円の損害賠償と訴訟費の一部負担を命じられる - まとめブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シューマッハ氏の容体を報じた独誌、620万円の損害賠償と訴訟費の一部負担を命じられる

2ce229f6.jpg

1: 2017/05/06(土) 23:24:03.87
フォーミュラワン(F1、F1世界選手権)で通算7度の世界タイトルを獲得した元名ドライバーで、スキー事故による大けがに見舞われたミハエル・シューマッハ(Michael Schumacher)氏の容体に関する記事で訴えられていたドイツ誌ブンテ(Bunte)が5日、同氏への損害賠償金として5万ユーロ(約620万円)の支払いと訴訟費の一部負担を命じられた。

シューマッハ氏が休暇中に頭部に重傷を負ってから2年が経過した2015年12月、ブンテ誌は見出し記事で「クリスマスの奇跡を超えた――ミハエル・シューマッハが再び歩行可能に」と報じた。

しかし、独ハンブルク(Hamburg)の地方裁判所は、この記事がシューマッハ氏のプライバシーを侵害するものと判断し、同氏への損害賠償金に加えて訴訟費用の65パーセントを支払うように命じた。

「当法廷はこの記事が虚偽であるとみなす」と述べた判事は、判決の根拠について、シューマッハ氏が現在も歩行不可能であることから、記事が出た当時も歩けたはずがないと判断されると説明した。

シューマッハ氏の家族は10万ユーロ(約1240万円)の損害賠償を求めていたが、同誌の記事は取材と情報源に基づくものであるとして、裁判所は情状酌量の余地があると結論づけた。

2013年12月のスキー事故による昏睡状態から目覚めたものの、これまでシューマッハ氏は公の場に姿を現していない。現在はスイス・ジュネーブ(Geneva)近郊の自宅で治療を受けている同氏の健康状態について、家族はほとんど詳細を明らかにしていない。





2: 2017/05/06(土) 23:25:00.12
やっぱりもう表に出ちゃいけない人なのか


7: 2017/05/06(土) 23:34:21.98
相続税払わずに財産使えるから家族はウィンウィン


8: 2017/05/06(土) 23:35:25.21
>>7
なるほど、資産が大きいとそうなるのか。


10: 2017/05/06(土) 23:40:50.82
スキーって恐ろしいよな


11: 2017/05/06(土) 23:43:51.89
安いもんだな。
賠償額が2桁増えれば、やたらリークするのも減るだろうに。


14: 2017/05/07(日) 00:03:11.51
友人の子供助けようとして怪我説あったけど


15: 2017/05/07(日) 00:14:39.53
自分も子供の頃、結構なスピードでこぶでズッコケて背中を打って背骨を傷めた事が
あるが、シューマッハも類似の事故だったと思う、そして運悪く落ちた所にむき出しの
岩があった、と。


19: 2017/05/07(日) 00:52:32.75
寝たきりでいろんなチューブにつながれて
ウンコとシッコ垂れ流しで法律上生きてるに過ぎないとかかわうそ


16: 2017/05/07(日) 00:22:28.39
もう2年経ったのか
そしてそんなに酷い状態だったのか…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。